Stereotype:id

いつでも君を支えるよ。