このクリエイターは最後にログインしてから時間が経っています

学校野球部の部活動外部指導を致します。

商品の内容

全国どこでも可能です。
様々な年代、種類の実績あり(合計8チーム、70名以上)。
料金は双方で相談。

LINE公式アカウントはこちら: https://lin.ee/5I0g29G
こちらに直接メッセージも可能です。

ホームページ: https://hamamotobaseball.wixsite.com/my-site

思いつきの指導、ケガにつながるような練習、過剰な上下関係や伝統、指導者や先輩からの理不尽な指導、権力を振りかざした強制・高圧的な指導 ・ ・ ・、そんな中での練習は苦痛でしかないでしょう。
選手は指導者の目を気にしてプレイに集中出来ない可能性があります。自分のプレイが伸び悩んでいる人は、これが原因の一つかもしれません。

私は渡米して現地の野球チームに所属していました。そこで、日本とはまるで正反対の環境を経験しました。純粋に野球を楽しめる環境がそこにありました。日本で感じていた閉塞感はまるでありませんでした。でも、選手個人の技術レベルは格段に高かったのです。

日本とアメリカの違いは何なのか?

日本では指導者に絶対的な権力があり、練習内容もただ回数をこなすものが多く、練習時間も長い。練習で疲れてしまうから、試合で100%のパフォーマンスを発揮できない。そして、常に指導者の機嫌をうかがって、萎縮してしまい、伸び悩む。そのようなことが、少なからずあるのではないかと私は感じています。
対してアメリカでは、指導者は最低限のやるべき事を伝えるのみで、あとは選手個人に委ねられます。何かを強制される事はありません。選手は自由に野球のプレイを表現し、楽しくプレイしています。

渡米時に様々な世代や国の野球環境に触れた経験を生かし、かつ日本の野球環境の長所と短所を熟知した上で、適切な指導をおこなっていきたいと考えています。
また、過去の経験や得た知識を元に、その選手に必要な効率的な動きを見出し、具体的に指導することで、個人のプレイを伸ばすとともに、けが予防にも努めています。

自分自身、プロ野球選手を目指していく中で、多くの歳月と多くの苦労を費やし野球の技術向上を追求してきました。しかし、怪我によりプロ野球選手の夢を諦めざるを得ませんでしたが、自分自身が学んできたことを伝えることで、皆さまが今よりさらに上手くなり、楽しく、気持ちよく野球をプレイすることを心から願っています。
また、今伸び悩んでいる人、怪我で苦しんでいる人の一つの希望にもなればと思っています。
¥2,000
納品:1日以内
購入で1%ポイントバック(20ポイント)

同じカテゴリの商品