放哉の句

とある作品のために書きました。