第4回オリジナルくノ一の全身デザイン(モノクロ)

コンペ 受付終了
  • 採用報酬
    ¥5,000
  • 提案数
    9
  • 募集期限
    受付終了

依頼詳細

過去3回に渡るコンペにより、私の理想のくノ一「紫蘭」とそのライバル「夜顔」、仲間の「竜胆」が誕生しました
(ファイル「紫蘭&夜顔&竜胆」を参照)。

今回は紫蘭の元上官に当たる、ベテラン美熟女くノ一のデザインを募集します。

下記の詳細にも記載しますが、前線に出るのを引退し、忍びの里の出入り口がある神社を守る役職についているという設定上、くノ一というよりは巫女服を着たサムライのようなデザインになると思いますが、どうぞご理解の上、素敵な提案をよろしくお願いします。

前回同様、採用後に修正等をお願いしますので、提案はラフで結構です。

・キャラネーム 苧環(オダマキ)

・構図 正面を向いた立ち絵、ポーズはお任せします。

・髪型及び顔のイメージ ファイル「バクニュー大佐」をベースに、きつめの目つきで気品、プライドが高そうな感じ、いかにも情感といった感じの大物感を持たせて。ファイルの絵は外人(ハーフ)ですが、あくまで日本人ですのでそれをイメージして。

・服装 戦国ブレードのこより(ファイルこよりを参照)をベースに、巫女服だが胸元が大きく開かれて谷間が目立っている。手に小手。

・武器 日本刀、腰に鞘、通常の刀よりもかなり大きな物、大太刀。


・年齢 30代中盤くらい

・スタイル こちらもファイル「バクニュー大佐」をモデルに、紫蘭や夜顔がKカップの設定ですので、それを上回る爆乳で(ちなみにバクニュー大佐はOカップです)。

・性格及び詳細設定 現代に生きるくノ一、紫蘭や竜胆を直接指導した上忍であり、二人がまだ新人だったころは鬼の教官として恐れられていた。自分にも他人にも厳格な性格で、笑う事はほとんどない。
現在は依頼を受けて外に出る事はほとんどなく、代わりに忍びの里への通路が隠れている神社の守護役を、同じく上忍の妹と交代でこなしている。
前線に出ることはほぼ無くなったが、それでも若いころに培った腕は衰える事を知らず、むしろ不法侵入者を追っ払う現在の役職についてからは剣の腕はさらに冴えわたっている。
特に大太刀を使った居合切りは、一太刀で10人を同時に切り捨てたという伝説を持つ。


・紫蘭、夜顔、竜胆、苧環の共通設定

里の発祥は羽柴秀吉の紀州征伐によって壊滅させられた鉄砲傭兵集団、雑賀衆の残党と、織田信雄による天正伊賀の乱によって散り散りとなった伊賀忍の残党が結託して作られた。
そのため忍者の諜報力と、傭兵の強さを掛け持つ驚異の集団となった。
対魔忍ではないが、現代の忍びという設定なのでほぼ共通する世界で活躍している。主な取引相手は政治家、ヤクザ、マフィアなど。
人気のない山奥で訓練を受けてきたくノ一達であり、ほぼ全員が原始的な武器で現代兵器の武装集団と渡り合える。
とはいえ、あくまで裏社会で目立たないことを前提に生きているため、主な仕事は暗殺、拷問、潜入調査、要人警護、人質の奪還など、いわゆるスパイやエージェントに近いことである。


使用用途

個人観賞

納品形式

jpg, png

著作権買取

設定なし

参考資料


リクエストガイド

リクエスト者

提案されていた作品

同じカテゴリのリクエスト