ウル忍の邪鬼姫×タロウのおねショタR-18

プロジェクト 受付終了
  • 予算
    ¥20,000 〜 ¥25,000
  • 提案数
    3
  • 募集期限
    受付終了
  • 希望納品日数
    30日以内

依頼詳細

ある日の夜、邪鬼一族の長である「邪鬼姫 阿留波」はお風呂に浸かりながら今までの事を振り返っていた。ウル忍との「のんまるとの宝」を巡っての戦い、惨爬の裏切り、ウル忍との共闘、惨爬と一緒に消滅した「のんまるとの宝」、そしてあの少年。あの少年とはウル忍のタロウ。唯一セクシー忍法が通用せず、そればかりかタロウにやられてばかりだった。邪鬼姫は決意した。タロウを自分の虜にして、自分のモノにする事を。お風呂から上がった邪鬼姫は生き残った號主と嵬閭を呼び出し、ある作戦を立てた。それを聞いた二人は難色を示した。こんな作戦上手く行くのかと。邪鬼姫は何としても成功させると言った。翌日の夜、タロウは任務を終えて戻る途中、ある女性がタロウに助けを求めた。するとある二人組の男性が来た。二人の男性は女性をこちらに渡すよう言った。女性はタロウの後ろに隠れた。タロウは男性二人組を追い返した。タロウは女性に大丈夫かと尋ねる。女性はタロウにお礼を言った。女性は悪い金貸しに借金をしてしまい借金を返せなかったが為に遊女となったが耐えられず遊廓から逃げたして追われていたとの事だった。事情を知ったタロウは女性を連れてつるかめ荘で匿い、明日屋敷に行ってゾフィーに事情を話し屋敷で匿って貰う事を頼む事にした。女性を連れてつるかめ荘に来たタロウ。親友であるレオは旅行、ティガは「真・荒神流」の合宿の為、それぞれ不在であり今はタロウと女性の二人だけだった。女性はタロウに改めて感謝した後に助けてくれたお礼にイイコトしてあげると言った後、妖艶な笑みを浮かべながら着物の上の部分をはだけ始めた後、こちらへ来るよう言った後に甘い香りが漂いタロウはボヤけた顔をしながら女性に近づき、女性はタロウをそのまま胸の中へと抱き寄せそのまま眠らせた。女性は妖しげな笑みを浮かべながらこれで貴方は私のモノと言った。一方タロウの帰りが遅くつるかめ荘に来たマンが見たのはつるかめ荘が燃えている光景だった。マンは慌ててタロウを探そうとするが誰かが後ろからもう誰もいないと言った。後ろを振り返ると女性を追い掛けていたがタロウに追い返された二人組の男性だった。號主と嵬閭だった。號主はタロウは今頃邪鬼姫の手によってと嘲笑った。嵬閭はマンに対して、そしてお前も死ぬのだと言った後、大勢の部下が現れた。一方その頃タロウが目を覚ますと何故かベッドだった。しかも全裸。混乱するタロウの前に女性が現れ、ここは遊廓で自分達の新たなアジトだと言った後にその正体を明かした。正体は邪鬼姫だった。邪鬼姫は狙いは最初からタロウであの二人は生き残った號主と嵬閭だと言った。タロウは全てを悟った後、邪鬼姫に自分を狙った理由を聞く。邪鬼姫は小悪魔且つ妖艶な笑みを浮かべながらタロウの事を今まで片時も忘れた事がなく、タロウを自分の虜にして、自分のモノにすると言った後に全裸となってタロウに近付き…。

プレイ ソフトからのディープキス、身体中を舐めまくる、身体中にキスマークをつける、手コキをしながら首筋を舐めてキスマークをつける、耳舐め、耳朶を甘噛み、甘い囁き、背後から手コキをしながら耳舐め、耳朶を甘噛み、甘い囁き、背後から両足で腰回りをがっちり挟み込みながら乳首責め、両脇を擽りながらの耳舐め、耳朶を甘噛み、甘い囁き、首4の字固め、背後から抱きつきながら足コキをしながら耳舐め、耳朶を甘噛み、甘い囁き、精液のついた足を舐めさせる、足を口に入れさせしゃぶらせる、スパンキング、お尻にキスした後に舐めまくる、両手で両頬を添えながら両瞳を舐めまくった後にディープキス、両足で頭をがっちり挟み込みながら女性器に近付けさせてクンニさせる、フェラ、パイズリ、パイズリからのパイズリフェラ、抱き締めて頬擦りした後に精液を口移しで飲ませた後にディープキス、のし掛かった後に両足で顔中を撫でて揉んで足のにおいを嗅がせる、足を舐めさせる、ぱふぱふ、顔に胸を押し付けながら押し倒しアソコを太ももでしごく、お尻版のぱふぱふ、尻ズリ、精液のついた背中を舐めさせる、授乳手コキ、アナル責め、アナル舐め、ペニバンで逆アナル、顔面騎乗、顔面騎乗からのシックスナインをしながらのパイズリフェラ、頭を抱き抱えて顔に胸を押し付けながらのだいしゅきホールドをしながらの騎乗位、プレイ後はベッドの中で授乳。


使用用途

個人観賞

納品形式

設定なし

著作権買取

設定なし

リクエストガイド

リクエスト者

提案していたクリエイター

同じカテゴリのリクエスト