自作ゲームの立ち絵および表情差分(4キャラ)

プロジェクト 受付終了
  • 予算
    ¥15,000 〜 ¥20,000
  • 提案数
    20
  • 募集期限
    受付終了
  • 希望納品日数
    50日以内

依頼詳細

自作のRPGゲーム「死神の息子」のメイン登場人物の立ち絵を表情差分込みで描いていただける方を募集しています。

・登場人物
4人、フランス革命期の貴族や農民のような服装をしています。

■希望する絵柄
・可愛い系よりも等身が高くリアル寄り
・耽美系
・暗い雰囲気がある

・舞台
18〜19世紀初頭程度のヨーロッパのような地方都市です。
まだ男性がスーツを着る前のフロックコート+キュロットかシャツに長ズボンのような時代です。

・ストーリー
処刑人の息子として生まれた主人公が人から忌み嫌われる自分に絶望しながらも、友人や家族の支えがあったことで一人の人間として立ち上がるようになるまでのスローライフ系です。
全体的に人が死にます。

【人物詳細】
主人公…通常、笑顔、諦め顔、無表情
処刑人の息子として生まれ、人々から嫌われることに苦しんでおり、軽度の鬱状態に陥っている。
前髪を下ろした黒髪のロングウェーブで黒いフロックコートと白いブリーチ(膝丈のズボン)を着ている。
女顔の美少年です。
下がり眉で自信がなさそうな表情をしており、笑う時も気弱そう。
ルートで処刑人としての覚悟をした場合用に目から光を無くした無表情の差分をお願いします。

王子…通常、見下した笑顔、怒り
傲岸不遜で自分以外の全てを見下しており、処刑人である主人公のことを「屍に集る蛆」と呼びながら、痛めつけることを喜んでいるサディスト。
常に自信満々な表情をしていますが、実際には王位継承権で兄に負けていることや父親が愛人にかかりきりで自分たちと向き合わないことなど自分の生まれに対する劣等感があります。
金髪で前髪がやや短めの癖のあるショートヘア。美男子ですが軽薄で嫌な印象を受ける表情をしています。
服装は青のフロックコートとブリーチ、襟元に金の縁どりがついた盾の形の紋章(真ん中に白百合のマーク)をつけています。
悪役です。

友人…通常、笑顔、目を閉じた顔
外国から香水職人の修行のためやってきた少年。主人公と歳が近く人懐っこい性格から処刑人の息子であることを知っても仲良くしてくれるただ1人の友人。
誰に対しても警戒心が薄く、他人の悪意に気付かない鈍さがある一方で、心から他人を信じられる純粋さと職人になるためのひたむきな努力がある。
ピンクに近い赤毛のマッシュルームカット、緑の瞳をしており全体的に目や口元は丸い印象。
シャツの上にベスト、ブリーチのスタイルで上着は着ていません。
ルートによっては主人公に処刑される。

農民…通常、笑顔、怒り顔
郊外の村で畑を営む農民。2年前に妻を流行病で亡くしてから息子を男手ひとつで育ててきたため、頑張りすぎて倒れたところを主人公に助けられた。
処刑人一族という肩書きよりも自分を助けてくれた主人公を信じる、と主人公と仲良くなる。
日に焼けた茶髪のボサボサした短髪、無精髭がはえて粗野だがたくましい雰囲気。
シャツの上にヨレヨレのベスト、擦り切れた長ズボンという労働者スタイルです。
ルートによって王子に息子を殺され、殴りかかったことで主人公に不敬罪の罰で処刑される。


使用用途

自作のフリーゲームでキャラクターの立ち絵として使用

納品形式

png

著作権買取

著作権買取

リクエストガイド

リクエスト者

同じカテゴリのリクエスト